学生時代に夢中になったこと #FFFFFF #f0f0f0

hikidashi-3.hatenablog.com


久しぶりにお題の記事。

 

 

---✈✈✈

 

 


f:id:hikidashi_3:20210304194023j:image

 

 

ふつーの大学生でした。

勉強とアルバイトが楽しくて、けっこう夢中になって取り組んだのでそのお話を書きます。みなさんの夢中になったこととはすこし系統が違うかもしれません、バラバラしていますがよろしかったら。

 

 



 

 

 

 

勉強

 勉強が人生でいちばん楽しくなりました。知らないことがたくさんあって、毎日必死だったけれどわくわくもしていた。

 専門にしていたところは厳しくて厳しくて、悔し涙が止まらなかったり力不足を感じることも多かったのですけれど、今となってはたくさんいいことを教えていただいた感覚です。

 あとは総合大学だったこともよかったです。幸い先生がたが幅広く聴講生を受け入れてくれたこともあり、専門外の話もたくさん聞くことができた(むしろ、珍しがられて色々なことを噛み砕いて教えてくださった。良い経験をしました)。

 カルチャースクールのように使っていました、大学を。


f:id:hikidashi_3:20210304110514j:image

 

 でも、勉強が楽しくなってから思ったことは、「もっと中高のときにたくさん勉強をしておけばよかった」に尽きました。

 もしこの記事を読んでる方で学生の方がいらっしゃれば老婆心ながらと思って少し耳を傾けてほしいくらい。

 中学、高校でどれだけ努力できるかは本当に人生を左右します(もちろん、巻き返しもできますけれど。いつだって今が一番若いですから)。

 

 これは完全に余談ですが、論文を書いているときにほしかったのが、これです。

 

f:id:hikidashi_3:20210304111039j:plain

 論文書いてるときが、人生でいちばん肩こりが辛くて辛くて死にそうだったんですが、これがあったら少しはましだったのでは?と思ってます笑



 

 

 

 

なぜサークルに入らなかったのか

 6年間も大学にいながらサークルに入らなかったのは、社会性がないことを、中高6年間で身を以て知っていたので(それでも仲良く付き合ってくれているいまの友人の存在に感謝するばかり…だとアラサーのサー過ぎて思う)。なぜか気の合う友だちは幸いにしていたので、その人たちで人間関係は十分でした。

 

 あと、これも大きな理由ですが、わたしは勉強とバイト、サークルをすべて両立できなさそうな気がしました。全部やっている子はバイタリティに溢れていてすごかった。でも自分にはそれが難しそうだな、と思ったので、優先度の高さでどれかふたつにしたのです。

 

 

 

アルバイトあれこれ

 

 前置きが長くなりました。いろいろなアルバイトをしたので、そこで学んだこととか。

 つぎつぎと渡り歩いた、というより同時並行であれこれやってました。

 だれかの紹介で働かせてもらったところも多かったです。スタート地点もそう。飲食業は自分には難しそうでやってません(不器用なんで…コーヒーとか絶対こぼす)。

 

 

 

適職判定1:学習塾の助手

 お世話になっていた楽器の先生に紹介していただいてはじめました。大手の中学受験塾です。そこのなんでも屋。教えること以外のさまざまなことをしていました。同僚も多く、先輩後輩も多く。サークルのような感覚で。さまざまな大学の友達や先輩、後輩ができることって新鮮で楽しかったです。

 

f:id:hikidashi_3:20210304110238j:plain

ここで知り合った友達とは未だに関係が続いています。

 

 高校でたてのわたしに、ビジネスマナーを教えてくれたところでもあります。

 いっちょ前に儀式めいた会も定期的にあったので、「やっぱり組織の中で働くのしんどいな」と感じたのはこのあたりでした。笑

 いまだに歓送迎会は苦手ですし、飲み会の幹事をするのも苦手です。

 

 

 

 

芸術と、それを愛する人たちの尊さを知る:美術館関係2つ。

 

 単発の展覧会の監視員。

 あ、これは少し関わってみたいな、という気持ちで申し込んだのを覚えています。毎日展示が見られるので、その日にいらした人や、作品と対話する時間がさりげなくあったりするのも嬉しかったな。

 

 美術館でのアシスタント業務。

 学芸員の資格をとるための博物館実習を経て、お世話になった学芸員さんに声をかけていただきました。

(「大学院行くの?じゃあ茉莉子さん、なんか日中時間ありそうだよね」という軽いノリでしたが笑)

 

f:id:hikidashi_3:20210304110244j:plain

たまたまあった写真を掘り起こしてきたので、ここではありません…笑



 たくさんの芸術を愛する人たちと出会いました。芸術愛好家のかたや、はじめて美術に接する人たちへのアテンドなど。わたしも未知の分野だったのですが、とても勉強になった。

 

 

 

適職判定その2:音楽関係の仕事2つ

 コンサートホールでのお仕事。

 センター試験のような試験があったり、マナー講習が厳しかったり、インカムで常に誰かが指導されたりと…まあとーーーっても厳しいところでしたが、けっこうわくわくした仕事でした。

 ちょっとした責任のある立場にたつこともあり、まあまあやりがいを感じました。所作の大切さ、立ち居振る舞いの美しさを身につけることが(もう全部吹っ飛んでますが)できたのはよかったです。ただ、上の方々の働き方をみていて、「きちんとした雇用形態で働こう」と決めたのはこのあたりでしょうか。

 あとは、もうなにより一回性の芸術作品のもつ尊さ!それを味わいに来た、とっておきの装いに見を包んだひとたちに接することができたのはとても良い体験でした(理不尽なこともありましたが…笑)。

 自分は生き物を相手にするのが楽しいのかな、それも再現性のない、毎日わくわくが詰まっているような。と思ったのもこのあたりです。

 

 

 

 音楽教室の受付。

 ここはまあ…お給料もらっていいのかな?と思うくらいにはお仕事が少なかったです。仕事の合間に論文読んだりしてました。

 ルーティンワークは少しきついな、と思ったのはこのあたりです。


f:id:hikidashi_3:20210304110533j:image

 

 

 

おまけ 教授のお手伝い

 

ことあるごとにあれこれ雑用をしましたが…自分のホームグラウンドでリラックスして取り組むことができるという面で割が良いと感じていました。

 

こんなところでしょうか、ダラダラ書いてしまいましたが、環境や先生、友人たちに恵まれ、楽しい学生生活を送っていました。夫も大学時代、同じキャンパスに通っていた友人でした。

 

hikidashi-3.hatenablog.com

当時アルバイト代で買ったペンケース。

 

 

 

 

------✈✈

 

 

みなさんがどんなことに楽しく取り組まれていたのかも知りたいです。

 

 

 

みなさんが書かれた記事。

みなさんが打ち込んだこと、

その時の熱量を思い起こすような文章で書かれていてどの記事も大好きです。

 

 

kaaaka3n.hateblo.jp

 

 

note.com

 

 

 

 

numeol.hatenablog.com

 

(ちかさんはお題を横断して書いてくださりました) 

 

 

 

 

marshmallow-qa.com

お題や企画へのご感想、他の方の記事へのご感想、わたしへのご感想。

あなたのかんがえごと。

いつでも募集しています。 

 

 

 

茉莉子

#FFFFFF #f0f0f0 

 

 

2021年2月あれこれ

 

 

 

お出かけ記録

美術館と博物館

三菱一号館美術館東京国立博物館へ。 どちらも完全予約制だったのでゆったりゆっくり見ることができました。

 

 

コンスタブル展

 


f:id:hikidashi_3:20210228093654j:image

習作がどれもよきものでした。

コンスタブルが好きだったものって、その瞬間の森とか雲、うつろいゆくものの光とか風とかだったんじゃないかなあ(個人の感想です)。短い時間で捉えられたもののほうが、瞬間を切り取った感じがあり、匂いを感じました。


f:id:hikidashi_3:20210228030755j:image

展覧会の タイアップメニューを食べるのが好きなので、併設のカフェでご飯もしてきました。

 

東京国立博物館


f:id:hikidashi_3:20210228074342j:image

単眼鏡のギャラリーアイを大活躍させてきました。

www.kenko-tokina.co.jp

 

f:id:hikidashi_3:20210228093846j:plain

美しかった友成の太刀



サブテーマは梅探し(季節の展示で梅のものも多かったです)。


f:id:hikidashi_3:20210228074425j:image

 

www.hito-hiro.com

 

ゆのじさんの記事を読んでから、梅を見るたびに枝ぶりをよく見るようになりました。マスク越しでも香りを感じられて、春の訪れ…としみじみしました。

 

うなぎ
f:id:hikidashi_3:20210228031349j:image

平日お休みの夫とドライブ(と銀行の手続き…)がてら、ずっと行きたかった鰻屋さんに。

うなぎも美味しかったけれど、その手前のお膳も季節を感じられて幸せを噛み締めました。


f:id:hikidashi_3:20210228092736j:image

お外にご飯に行くのってすこしためらいがちだったのだけれど、マナーを守ってご飯をするのはきっと良いのだと信じてます。

 

 

 

季節
f:id:hikidashi_3:20210228030956j:image

 春の初めは美味しいものがたくさんありますね。

芽キャベツ・金柑・菜の花をたくさん摂取しています。

 

f:id:hikidashi_3:20210228093611j:plain

大きな芽キャベツに感動



 

 

欲を言えばふきのとうの天ぷらが食べたい…。

花粉症にも正式にデビューしてしまったらしいので、スキンケアや生活習慣を見直していきたいと思っています。

 

 

 

2月のよいもの

買ってよかったもの

高さ調節ができる書見台
f:id:hikidashi_3:20210228025527j:image

本を読むのに身体がつかれるというしょうもない理由で購入しました。

現時点、もっと早く変えばよかったランキング1位です。

ついでにいえば、学生の時に欲しかった。お勉強の際に本を片手にするかたはぜひ。と、強めに推します。

 

 

 

イワキのプリンカップ
f:id:hikidashi_3:20210228030215j:image

hikidashi-3.hatenablog.com

 

これがつくりたくて購入。実家にあったものと同じものでしょうか。ついに手に入れてしまった感じがあります。このカップ、ガラスが繊細なので割れやすいんですよね…(割ったことがある人)大切に使いたいです。

 

 

 

レモンあつめ
f:id:hikidashi_3:20210228030606j:image

FEILERのレモンドットを購入。色が2パターンあって、悩みに悩みました。

feiler.jp

この色にした理由は手元にあるFEILERのハンカチの色とのバランスです。華やかな色とグラデーションのうつくしさにうっとり🍋

 

 

 

身体メンテナンス

無印のタイツ

f:id:hikidashi_3:20210228030632j:image

 Twitterともだちにおしえていただいたこちらの綿混のタイツ。綿の割合が高めなのもあり、かゆくならなかった。タイツを履くたびになぞのかゆみに襲われていたので助かりました。どんどん化繊に弱くなっていく身体が心配です。

www.muji.com

 

 

 

アットアロマ ファン ディフューザー ko
f:id:hikidashi_3:20210228030234j:image

睡眠の質を上げたい+静かで水を使わないディフューザーが欲しくて購入。

とにかくしずかで、電池式にすればどこにでも持ち歩いて使用できるのでよいです(USB式にもできます。電池だと20分で自動的にオフになる仕様)。

 

 

本当はおしゃれなネブライザー式の「オーブ」にしようとおもっていたのだけれど、30年生きれば自分の生体をある程度把握できます、メンテナンスが楽そうなこちらにしました。

store.at-aroma.com


f:id:hikidashi_3:20210228074536j:image

オイルは現時点で2種類。

吉野檜と、おやすみ仕様のカーミングタイム。

カーミングタイムはほんとうにとろりと眠ることができるようです(夫の様子を観察中)

吉野檜は気分を変えたいときに玄関などで使用中です。

 

 

 

ガーミンのスマートウォッチ Lilyクラシック

fitbitが年明けに壊れてしまって。夫のapplewatchを借りたりfitbitにするか悩んだり、をくりかえしてみたのですが(相当落ち込みました)。

ちょうどいいタイミングでいい感じの電池の保ち、大きさと機能を備えたものがガーミンから出ました。

 

www.garmin.co.jp


f:id:hikidashi_3:20210228075454j:image


f:id:hikidashi_3:20210228093918j:image

睡眠の記録も、呼吸と合わせておこなってくれます。

 


f:id:hikidashi_3:20210228080206j:image

視認性もよいです。重すぎないので手首への負担も少ない。

 

 

 

 

いただきもの

 

マックスマテリアのハンカチ

www.maxmateria.com


f:id:hikidashi_3:20210228030415j:image

 内祝いで贈りまくっていたらマックスマテリアさんからお礼にと送っていただきました。小さなハンドタオルなんだけれど、嬉しいですよね。


f:id:hikidashi_3:20210228075554j:image

いい色です。

 

 

ミラブルのシャワーヘッド
f:id:hikidashi_3:20210228030434j:image

ドラム式洗濯機を買ったときの懸賞で当ててしまいました。

www.toshiba-lifestyle.co.jp

 

現時点で驚くべき変化が少しあるのでメモです✐ ☡

・洗い上がりがとにかくつるりんとする

・頭皮の乾燥やいやな匂いがなくなった

・朝起きたときのお顔がつるりんとしている

 

もう少し様子を見ます。

 

 

 

 

おしまい。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

▽▽▽

 

生活で感じたことはたまにnoteに残しています。よろしかったらそちらもご覧ください。

 

note.com


f:id:hikidashi_3:20210228095705j:image

(今は非公開にしていますが、noteはその時感じたことを書きやすくてだいすきです)

 

茉莉子

 

 

 

 

marshmallow-qa.com

 

 

まりばあのくらし #FFFFFF #f0f0f0

 

hikidashi-3.hatenablog.com

お題「どんなおばあちゃんになりたいか」

 

 

 

じつは学生時代のともだちと老後のことについてはあれこれ話していて、やりたいことはなんとなく決まっているのてます。ライフワークもほんわり定まってきつつあるので、きっとこんなことをやるんだろうな、を書いていきます。

 


f:id:hikidashi_3:20210216193241j:image

 

住みたいところ

  平屋建ての一軒家に住みます。住みたい街まではうっすら夫と決めています。

  さて、たてものには縁側があって、そこから臨むちいさな庭にはわかりやすく季節を感じられる植物と木と金柑があります。金柑は3本くらい植えておきましょう。うち一本は近所の鳥用にネットは外しておく予定。箒は竹箒ですね、これは。落葉樹がきっと多いです。わしわしお庭を掃除したり、枯れ葉をわっと集めるの大好き。熊蜂がすきなので、藤棚をつくりたいけど、どうかな。夫は虫があまり得意でなさそうなので。

 

 

  この家には明確なモデルがあります、というのも祖父が持っていた少し遠くの家そのままです。庭の希望はこんな感じなので、中身は夫がいい感じに決めるかな。書斎とか本部屋とか、お茶部屋とかつくりたがりそうです。

  でも、もしかしたらどっか違う国にいるかもしれないので、そうしたら国に応じてアパルトマンかも。そうしたら植物は多分育てません。猫と暮らせたらいいな、その場合は。ふてぶてしーいのと、かしこそうなのを二匹。前者は私の好きなねこ、後者は夫の好きなねこです。

 

 

やりたいこと

ライフワークのつづき

 生涯を通して研究したいテーマがあるので、そのあたり、仕事をしながら深めていきたいです。できたら英語で論文が書けるようになりたいなと最近うっすら思い始めました。

 

 

友達の友達まで呼べるうちカフェーを不定期で主催

 友達の友達、というのがみそです。前は友人と不定期でミュージックカフェorバーをして、だなんて物語をよくしていましたが、最近考え方が変わりました。

 どなたでも、よりかは誰かの知り合いだと面白そうで。年齢層は問わず。

 わたしは杏仁豆腐かパンナコッタかあんみつでも用意して、来た人の話をたくさん聞いて、たまにピアノやその他楽器の演奏を聴いてもらう。

 場合によっては夫の美味しいコーヒーが飲めます。

 

 

 

 

 

一日の過ごし方

ふたりとも健在だったらの平日バージョン。

 

4:00 起床、米を研ぐ、身支度、おそうじ、考えごと

  年々起きるのが早くなっているのです。これくらいの時間にはきっとおきてます。米をちゃっと研いて給水。身支度をして、お化粧をして、窓を開けて、うるさくないたぐいの掃除をします。家の前や庭の掃除もできたら朝にやりたい。身支度を終えたら考えごとの時間。寝る前に読んだ本の続きを読んだり、仮説の検証をしているでしょう。

 

6:00 夫が起きてくる、朝ごはん

  きっと夫はこのあたりでしょう。朝ごはんは朝に強い私が準備します。片付けは食後だらだら症候群のわたしは動けないので、彼がやるでしょう。その日の気分によって和洋はちがいますが、たぶんだいたいもりもり食べられるものです。

 

7:00 あさんぽ

  腹ごなしにそこらへんを歩きます。彼はその日に見た夢の話をして、わたしは朝考えたことを早口で喋ります。たぶん近所に住んでる猫にもここらへんで挨拶をする。彼は写真を撮りたがるでしょう。次に行きたい場所について話したり、なにか思い出の話をしたりするかもしれません。おしゃべりタイムです。

 

8:00 おやつタイム、お弁当作り。

  なんか食べます。誰かからいただいたなにかにあわせて、夫が多分飲み物をその日の気分にあわせていれるでしょう。

  そのあとはお弁当をつくります。つくるといっても、たぶんつくりおいたものを詰めるだけとかです。

 

 

9:00 出発

 

  ここらへんから働けたらいいかな。

  何をするかは決めていません。あと、もしかしたら家でできるお仕事にしてしまうかも。身体の具合によります、ここらへんは。でもきっとなにかをやるかな。

 

17:00 帰宅、ごはん、おふろ。

 

   夫はどうなんでしょうね、働いてるかもしれないから、ここらへんはわかりませんが。働いていそうだなあ。

  夜ご飯はかるく鶏粥となにか副菜か。たまに夫の要望でステーキを焼く。

  おふろにつかってまた夫となにか話します。夫とはずっと一緒にお風呂入ってますが、続くといいですね。

 

 

 

20:00 ねる

  夜中にきっと何度か目が覚めるので、そのたびにもしかしたら枕元においてある電子書籍で古典を読みます。難しくて、読みづらくて、毒の無いなにか、気がついたらまた寝ている。

 

 

 

まあこうなるといいかなって感じです。

まずは健康寿命を長くするところからですね。

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます。

みなさんのおばあちゃんの姿も聞かせてください。

 

mainichi-nemui.hateblo.jp

 

 

pika-sunsun.hatenablog.com

 

ab0309.hatenablog.com

 

 

他の方々のおばあちゃんのすがた。みなさんすてきなのです。

茉莉子

#FFFFFF #f0f0f0

紅茶のパンナコッタ 記憶に残っているお菓子の話 #FFFFFF #f0f0f0

hikidashi-3.hatenablog.com

 

▽▽▽

 

カラメルソースまで紅茶なので紅茶紅茶していて美味しいパンナコッタの話です。 

 

f:id:hikidashi_3:20210215171008j:plain

小さな試食サイズのもの。

 

幼い頃、いろんな人が手作りのものを振る舞ってくださるぜいたくな環境にいたのですが、やっぱり「うちのあじ」が好きでした。

母はお菓子作りが好きで得意な人だったので、その時の彼女の気分によっていろいろなものが出てきましたが、私はこのパンナコッタがとりわけ好きでした。

大人になってからもそれは変わらず、この味が食べたいな〜と思うわけです。食べるとホッとして、小さい頃からの、家族の幸せな日々の記憶を思い出す味。

母も、「あなた本当にこれすきねえ〜お手軽ねえ〜」だなんて言いながらも、まんざらでもなさそうに作ってくれます。愛ですね。

 

△△△

 

このお題を見ていたらまた食べたくなったので、こんどは母に教わったレシピで作ってみました。

母も弟のお友達のお母さんから教わったのだとか。それの我が家流アレンジ(牛乳、生クリーム少なめ、お砂糖少なめ)です。きっとわたしも自分で食べやすいように変えていくのかな。

 

 

クッキングタイム。

超絶かんたんなのに美味しいので、

お好みでさじ加減を変えながらぜひ作ってみてください。

 

材料

▼パンナコッタ(プリンカップ4.5人分くらい)

 紅茶(好きなもの)6-10g

 水 250mL

 牛乳 150mL

 生クリーム 100mL

 ゼラチン 5g(粉のクックゼラチンがお手軽)

 砂糖 大2より少し少なめ

 

▼紅茶のカラメルソース

 水  50mL

 砂糖 大2

 紅茶 50mL(手順①で取り分けたもの)

 

手順

紅茶のパンナコッタ

①紅茶を煮出す。→50mLはカラメルソース用に分けておく

②煮出した紅茶に牛乳、お砂糖を加えて混ぜる。

③お鍋の端っこがふつっとしたら粉ゼラチン投入(こさなくてもよい)

④粗熱がとれたら生クリーム投入

⑤器に入れて冷蔵庫へ

 

紅茶のカラメルソース

⑥砂糖と水を小さなフライパンに入れ、火にかける。

⑦少しずつ紅茶を入れていき、とろっといい感じにする。

 

 

 

f:id:hikidashi_3:20210215215002j:plain

義母お手製のあまおうジャムを掛けていただきました。

これも、はちゃめちゃに美味しい。



夫からの感想が面白かったのでほぼ原文ママで載せさせてください。

「ありがとう、おいしいね(基本何でも美味しいと言って食べる人です)。あまくてとろける紅茶のプリンに、少しにがめの紅茶のソースが合わさって、大人の味がする。そういえば、プリンとパンナコッタの違いってなんだろう」

(→ふたりでぐぐる

 

一緒にいると楽しいです。

 

 



f:id:hikidashi_3:20210215171016j:plain

ひとり暮らしのときには買わずにおいたiwakiの蓋付きプリンカップもこれを機に購入しちゃった。

大好物は杏仁豆腐とフルーツ寒天なので、がしがし作ろうと思います。

 

 

 

ja.wikipedia.org

ウィキペディアのこの記事も面白かったのでぜひ御覧ください。

 

 

marshmallow-qa.com

お題や企画へのご感想、他の方の記事へのご感想、わたしへのご感想。

あなたのかんがえごと。

いつでも募集しています。 

 

 

 

茉莉子

#FFFFFF #f0f0f0 

お料理・お洗濯・お掃除をする上でのこだわり #FFFFFF #f0f0f0

hikidashi-3.hatenablog.com

===✈✈✈

 

いろいろな方のこだわりを見るのが楽しかったので、自分はどうかな、と考えてみました。

 

こだわりないんじゃないかなあと思っていましたが、しっかりあるようです。

夫と話していて気がつきました。逆に、夫はこだわりがなく柔軟な人なので、かなり合わせてくれているのです。優しさに感謝。

 

 

 

明確なこだわりができたのはひとり暮らしを経て、自分で自分のくらしの心地よいラインがどこだかわかったあたりからでしょうか。

 

f:id:hikidashi_3:20201125144317j:plain

今から見てみるとあ〜そこね、こだわっていると思うところがいくつかあります。

 

ふたりぐらしになってからもそれは変わらず、

「未来の自分がかなしくならないようにする」

がモットーなんだけれど、怪我をしてからは自分の身体とも相談する日々です。

 

 

 

 

お料理

(書いていたら、本当にお料理してるのか?という内容になりました)

 

前提 / 五感を使う

 味見はあまりしないのですけれど、香りと見た目でここらへんだよ!みたいな感覚を大切にしています。まあ適当です。美味しいのでいいのです。あまり複雑な料理をしないのがバレてしまった気がします笑。

旬のものが手に入れば、大抵のものは美味しくいただけます。

 

 

f:id:hikidashi_3:20210209132037j:plain

たまに読み返します。土井先生の『おいしいもののまわり』



 

前提2 / 調味料は増やしすぎないが、お金をかける

 使い切れない問題があるので、衝動に任せて買わないようにしています。マヨネーズとケチャップは二人暮らしになってもお弁当サイズ。

 ただし、揃えているものには比較的お金をかけています。なぜなら、旬のもの×良い調味料=おいしいものになるからです。素材に頼るスタイルです。

 

できないことはしない

f:id:hikidashi_3:20210209175030j:plain

奈良の三條小鍛冶宗近さんの包丁たち


 こんなにいい包丁を買っておいて、なのですが、肉や魚を切るのがどうにも苦手です。技は最低限習得済みですが、これはおきもちの問題のようなので、諦めました。

 いまは切らなくていいカット済みの冷凍ものを買っています。それか、精肉店や魚屋さんでどうにかしてもらってます。

 あと、片付けが大変なので、揚げ物は外食のときと決めています。

 わたしはお料理をしているのか?

 

食中毒対策

 一度なった人ならわかると思う。苦しい、食中毒、下手したら死んでしまう(怖くてもう焼き鳥屋さんに行けない身体になってしまいました)。

 手袋、調理器具、保存容器の消毒、やりすぎなんじゃないか?と夫には密かに思われているらしいです。

 

キッチンはきれいにして寝る

 毎晩必ずやってから寝ています。どんなに疲れていても、明日の自分がこれを見たらがっかりするだろうな、と思うと自然と手が動いています。あと、お道具もあまり外に出しません。ごちゃごちゃが苦手なのと、最後のお掃除のハードルを下げるためです。 

 

お洗濯

ひとり暮らしをしてから好きだったことに気がつきました、たたむこと以外は。

 

前提 / 洗濯表示を見て買い物をする

 これは幼い頃から母に叩き込まれました。手触りと試着、縫製のチェック。素材のバランスと洗濯表示。どんなにいい衣服でも、自分の手に余るものは買わないようにしています。(中略)結論は、普段遣いの服には、ユニクロの服がちょうどよいということです。

 

柔軟剤は基本なし

 使うにしても余り香りのないものを使うようになりました。

 

機械と道具

 ドラム式洗濯機、除湿乾燥機、部屋干し機能のあるエアコン、各種洗濯ネット、平干し用のお道具を使うことで、カシミアまでは概ねカバーできています。

 そういえば、型落ちのプラクラ除湿機を買ったのです。それがもうとてもよいもので、今一番活躍しているのはそれなのでは説が私と夫の中で浮上しています。

 

すぐたたむ

 これはこだわりというよりもここのところ心がけていることです。今年の目標でも書いたけれど、たたむまでがお洗濯。夫のまねをして決めた「すぐにやる」。意外と続いています。もう少ししたら習慣化してると言えるかも。

 

 

お掃除

たぶん一番好きなんだけれど、余裕のないときにはいちばん疎かになってしまって、おきもちが終了しがちになる家事です。

 

前提 / ごちゃごちゃさせない(かくす)

 目からの情報で疲れてしまう質なので、とにかくものを出さない、床に置かないことは徹底しています。

 でも、そうはいってもなんかいつの間にか増えてるんですよね、ごちゃごちゃが。で、疲れているときなんですよね、そういうときって。

 そんなどうしても疲れている時に助かるのが、「少し大きめな布」です。とりあえずごちゃごちゃしているものたちに一時的にふわっとかけておくのです。いわゆる「見て見ぬ振り」ができるようになり、心の治安が保たれるので…どこかで片付けをするまでの妥協案です。

  

ゆっくりやる / 機械に頼る

 これは自分の身体のことなんですけれど。きもちだけはついつい張り切ってちゃきちゃき動いてしまいがちなので、ひとつひとつゆっくりやるようにすることにしました。というより、夫に諭されて、渋々やるようにしたら定着した、となった感覚笑。 

 あとはこれも怪我をしてからですが、機械のありがたみを感じる日々でもあります。無理なところに入ってくれるブラーバ、ありがとう。ブラーバはウェットでなければとても静かなので、そこも好きです。

 

水回りは毎日ちょこっと

 ひとり暮らしを経て習慣化したので毎日楽しくやってます。わたしの場合は、なんでしょう、とにかく腰が重かったので、洗剤をそれぞれの場所にひっかけておくことでちょこちょこやるようになりました。で、きれいにする楽しさを経験して、習慣化した感覚です。

 

・キッチン泡ハイター(水場それぞれに1本ずつ)

 次亜塩素酸の万能さ。手軽に使える泡ハイターが好きです。

・無印の電解水クリーナー(キッチン)

 白残りしないので気がついたらよく使ってよく減っていました。これは地味ベストバイですね、きっと。

クエン酸スプレー(キッチン)

  ハッカの除菌水というクエン酸の匂いが気にならない優秀クリーナーです。

・ウタマロ(お風呂場)

 お風呂上がりのお掃除は基本これです、いっときバスタブクレンジングにもハマりましたが、浴槽から水を抜いてすぐ、裸のままやるのでウタマロに落ち着きました笑 

 

気合を入れてやるときの道具は他にあるので、まあちょっと多いですね…。

でも、それぞれよいものです。

 

手袋をする

 年々手が激弱になる一方なので、最近はどんな作業をするときにも手袋をたいていしています。

 

 

 

 

「未来の自分がかなしくならないようにする」

だなんて書きましたが、まあ今の自分も大事だなと思うので、こだわりは捨てたほうが生きやすくもなるのかな、とか思うこともたまにあります。が、まあそのときできることをやって、できないときはあきらめて、気持ちよく過ごして、結局は未来の自分がにこにこできるようにしていこうと思っています(??)。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。お題をくださった春宮さん。ありがとうございます。

 

===✈✈

 

 

 

 

===✈✈

 

他の方の記事

 

www.fulfulfulugi.comりんさんの文章はいつもシンプルなのに読みやすい。でもわかる!がたくさん詰まっています。

 

karg.tokyo

えりこさんのこだわり、一人暮らしのときを思い出しながら読んでいました。知恵がたくさん詰まっている。

 

 

mnmiso2.hatenablog.com

お料理上手なm.さんの記事を楽しみにしていたのです。床にものを置かない、に全力でうなずいてしまった。

 

 

みなさんのこだわりも知りたいです。お待ちしています。

 

 

 

 

marshmallow-qa.com

お題や企画へのご感想、他の方の記事へのご感想、わたしへのご感想。

あなたのかんがえごと。

いつでも募集しています。 

 

 

 

茉莉子

#FFFFFF #f0f0f0

集めて... #FFFFFF #f0f0f0

hikidashi-3.hatenablog.com

より、「集めているもの」ですが、拡大解釈をして書いています。

 

===✈✈✈

  

実家ぐらし、ひとりぐらし、ふたりぐらしと住まいを変えるにつれて、物を減らしてきた私、このお題を見たとき、皆さんのは勝手に見たいと思っていたのですが、

(集めているものかあ、わたしはほぼないな〜)

なんて思っていました。大嘘でした。わたし、本当にものを減らせているのですか?

 

---✈✈

 

 

おしゃべりをしたくなってしまったので、

集め

 

===✈✈✈

 

(-ているもの1)美術展のポストカード

気がついたら増えているものナンバーワン。

展覧会はなんとなく会期を把握しつつ、気がついたら終わってしまっていた、というものが多く、どうしても行きたいときにだけ。そしてせっかちなので、物販が混んでいたりすると買わずに帰ってしまうこともあるのですが、(しばらく会えないのでは…?)と思うものは買う。

そんなわけで(???)、気がついたら増えている。

 

f:id:hikidashi_3:20210205144408j:plain

これは学生の頃にびびびびっときて買ったものたち。

 

当時のわたしへ。

10年後の私はやっともう一度会える機会を逃してしまって未練たらたらです。

ポストカードだけでも買っておいてくれてありがとう。

でも、できたら図録もケチらないで買ってほしかったです。

 

手元にあるはがきたちを眺めていたら、美術館に行きたくてたまらなくなってしまいました。「なんとなしにふらっといける美術館」に行きたいですね。

 

 

 

(-ているもの2)檸檬のもの

f:id:hikidashi_3:20200621162314j:plain

びびびび、ときた檸檬を集めています。

 

 

f:id:hikidashi_3:20210205190055j:plain

いちばん最近の嬉しかった檸檬。ありがとうございます💌






 

(-はじめているもの)FEILERのタオルハンカチ

よいものは自然と増えていきますね、不思議です。そろそろこれは集めはじめているんじゃない…?と思うので書きました。きっとこれからも増えます。

じょうぶで手がすぐに拭ける。なによりかわいい。

f:id:hikidashi_3:20210123074454j:plain

先日お誕生日に頂いたこのいちご、とてもかわいくてまだまだうっとりしてしまいます。



 

 

 

(-ていたもの)石

最近はお休み中ですが、拾っても良さそうな場所で気に入った石を拾って帰ってくる密かな遊びをちいさいころからしています。

 

f:id:hikidashi_3:20210205144729j:plain

前のブログでちらっとお話したときの写真が残っていました。



 

 

 

(-たいもの1)漫画『ブルーピリオド』

afternoon.kodansha.co.jp

レンタルをしてからすっかり虜になってしまいました。YOASOBIの群青もすっかり好きになってしまいましたし、アニメも楽しみですし、漫画の着地点によってはもう冊子も電子書籍も両方買いたいな、と思っています(着地点によっては、とか言っちゃうあたり勝手なファンです)。

 

 

(-たいもの2)指輪

指輪をするようになったのは最近なんですが、指になにかあるってとっても心の治安維持によいですね。今更気がつきました、いえ、気がついてしまいました。

 

f:id:hikidashi_3:20210120134644j:plain

最近はK10のまろやかさとしなやかさに惹かれています。



 

===✈✈✈

 

またおしゃべりになってしまいました。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

皆さんの集めているものも知りたいです。

 

 

marshmallow-qa.com

お題や企画へのご感想、他の方の記事へのご感想、わたしへのご感想。

あなたのかんがえごと。

いつでも募集しています。 

 

 

茉莉子

#FFFFFF #f0f0f0

 

 

夫とのおしゃべり (幸せなひととき その2) #FFFFFF #f0f0f0

hikidashi-3.hatenablog.com

 

===✈✈✈

 

せっかくなので、身近にいる大切な人との「幸せなひととき」も書こうと思います。

まずは夫から。

 

素描に近い話なのですが、ふとしたときにでも読んでくださるとなんだか嬉しいです。

 

 

===✈✈✈

 

さいきん、1月のあれこれを書いていたときに気が付きました。

hikidashi-3.hatenablog.com

 

夫と過ごす時にはなしているよもやま話は、大概私がなにか読み物をしていて、彼がマインクラフトをしているときに行われること(それか、ドライブ中)。

 

だからでしょうか、わたしのなかではふりかえってみると「いろんなこと」にまとまってしまうのですよね。

それでも、その時間がとても幸せなひとときであること。

四方山話…世間話…雑談…奇談…怪談…まあお話の種類にはいろいろありますが「おしゃべり」がいちばん当てはまるかな。そう思ってこのひとときをスケッチする気持ちで書いています✐ ☡

 

 

 

 

===✈✈✈

 

ちなみに。

(マインクラフトはこんな感じの箱庭づくりゲームです。地道かとおもいきや、冒険心と創作意欲を刺激される面白いゲームです。インターネットにつなげれば箱庭ではなくオープンワールドにもなる。え?!こんな!?という細かめな設定が多いのも楽しい)

www.minecraft.net

 

(彼は閉ざされた世界(インターネットに接続していない、一人だけの世界)で開拓者になって、アドベンチュアをしています。なので、わたしは彼が箱庭を作っている様子を観察しているきもちです)

 

マインクラフトの良いところは、BGMがすこし哀しさを含んだ落ち着いたものなこと。

www.amazon.co.jp

 このほかにも限定された音が繰り返されることで作業に落ち着いて集中することができる…いい曲がたくさんあります。音源もピアノやオルゴール調の優しいもので、孤独に寄り添ってくれる感のある曲が多いのですよね。すこし効果音(叩く音や咀嚼音)は癖があるかな。最近は夫、夜に大きな音を聴くのが苦手な私への配慮で、静かな音でプレイしてくれています。

 

 さて、わたしはそんな彼の横でぶつぶついいながら本を読んでいるというわけです。

 

f:id:hikidashi_3:20210204173314j:plain

昨晩夫が淹れてくれたミルクコーヒー。

豆がぷくーっと膨らむ様子は見ていてとても楽しいのです。



 わたしは前の記事も書いたとおり、かなり移り気…まああれです、集中力があちこちにとっちらかってる人間なため、平行読書が性に合っていて。同時に十冊単位で並行読書をしているときがあります。というのも、途中で気になることがあると、脱線しちゃうのですよね、調べたがっちゃって。そしてそのうちすぐに、横にあった違う本に手が伸びる。あまり困っていない、むしろ論文を書いているときにはこんな感じで本を読んでいたため、性に合っているのだと思います。

 

 

 そんなわたし、人間としての付き合いをしていたときからそうだったのですが、そのときどきで気になったことを彼とシェアしたり、ときにこねてみたくなることがあります。

 

 そして夫も付き合いがよいひとで…いえ、わたしの興味のある分野にはたいてい興味を持っているようなので(互いに文系です)、ふたりでああでもない、こうでもない、ときには「しらべたい」とグーグルにアクセスしたり、まあこれがいま二人の1日の終りにとても大切な時間になっているな、とふと昨晩思ったのでした。

 

 

 当然私の一方的な思い違いだとあれなので、彼にも確認したところ、なんとマインクラフトを片手間にやりながら私と話しているときのほうが、なんだか考えが深まることがあるみたい。ふしぎ。

 

 たとえば、昨日は、谷崎潤一郎の随筆(写真の左端に写っていますね)を私が読み直していたのですけれど、当時の人々の価値観だとか、東と西(国内、国外)の文化のことだとか、そんなことを断片的に話していました。

 そりゃあ、1月の振り返りなんかをしているときには忘れてますね。一日経ったいま、もうどんな話をしていたか私は思い出せません。私は、と書いたのは、彼がとても記憶力がいいひとだから。たまに可愛そうになってしまうくらい、記憶力がいい人です、彼は。

 

 さて、マインクラフトをしながら語る彼…なんでしょうね。作業…なのでしょうか??彼の脳みそがどうなっているのかはまだ謎が多くて、横で観察していると楽しいです。彼はその時時に応じていろんな作業をしていますが、石塁をつくったり、いるかと友達になったり、熱帯魚の水槽を作ったりと、楽しそうにアドベンチュアしてます。

 

▽▽▽ 

 

 今日は少し元気がなかったのですが、彼がマインクラフトで面白いこと(ささいなことなのですけれどもね)をしてくれて、笑わせてくれたおかげで少し幸せな気持ちが戻ってきました。

 

 というわけで。スケッチ終わりです。

 

 ここまでわたしの他愛のない、ないしょのおしゃべりを読んでくださった方、ありがとうございます。

 

 

 あと、このお題で書きたくなったのは、同じ題で素敵な記事を書いてくださったみなとさんに触発されてのことでした。みなとさんは日常と旅というそれぞれのひとときに応じて幸せなひとときを書かれていて。朝からたくさん幸せを分けていただいて、にこにこしながら、わたしは不思議なのですが身近にいる人々のことを思い浮かべました(というわけで、スケッチです)。

 私は時折とても孤独なきもちを味わうことがあるのですが、みなとさんの記事には、透明なさみしさと、あこがれと繊細なきらめきがまろやかに共存しています。なんだか寄り添ってもらったような、一度読んでからまぶたを閉じてしっとりしてしまう文章です。

 勝手に考えるイメージカラーシリーズ。みなとさんは

www.color-site.com

 ラピスラズリ。もう少し本物は鮮やかだったり、中に夜空の星のような模様が入っていたりします。そして青い海のような色も。なんだか、みなとさんの書かれる文章は「みず」を連想させるものが多いのかな、なんだか読んでいてたゆたうような感覚になるのです。あとは、ラピスラズリの中には白がたまにあります。それが、冬の白い一等星を連想させてくれるのですよね(語りますね、わたし)。そのきらめきとすこしの寂しさが、彼女のイメージカラーです、すみません。長いですね。

 いつもながらですが、想定していたのと違っていたらちがうよ茉莉子〜でお願いします笑

 

みなとさんの記事はこちらから。ぜひどうぞ✈✈ 

 

yjam026.hatenablog.com

 

 

 

 

 

同じお題で書かれた皆様の記事

shekey4.hatenablog.com

kurashigood.hatenablog.com

(お題をこっそりマシュマロから送ってくださったみみさんには

素敵なお題をありがとうございますのきもちです。

書いているのも楽しいですし、読むのも楽しい、すてきなお題。)

 

yuridepok.hatenablog.com

hoooly-night.hatenablog.com

violet-inaba.hatenadiary.jp

note.com

 

 

 

わたしのひとときの散文1つめ。

hikidashi-3.hatenablog.com

今から思えばちょっとなんだか恥ずかしいのですけれど、やっぱり幸せな瞬間には変わりないですね。

 

 

 

marshmallow-qa.com

お題や企画へのご感想、他の方の記事へのご感想、わたしへのご感想。

あなたのかんがえごと。

いつでも募集しています。 

 

 

 

茉莉子

#FFFFFF #f0f0f0